近年の東京&横浜名所めぐり
 

MARK IS みなとみらい(2013年)

MARK IS みなとみらいとは

MARK IS みなとみらいは、2013年6月21日(金)にグランドオープンしました。横浜・みなとみらい21地区エリア最大級の新商業施設です(´∀`)地下4階から地上6階に全189店舗が集まり、メインターゲットの「3世代ファミリー」をはじめミセスやカップルまで買い物心を刺激する仕掛けが満載です♪ここでは横浜の新名所、海風と緑の心地よさが漂う「MARK IS みなとみらい」の魅力をお伝えします(*^_^*)

話題の名所

MARK IS みなとみらいについて

「MARK IS みなとみらい」は、三菱地所グループが手がける商業施設の基幹ブランド「MARK IS」の2施設目。周辺施設と一体になった立体都市公園をイメージし、「ライフエンターテインメントモール」をコンセプトに植物やシーティングスペースを多く設置することで、商業施設でありながら憩いの場としての「みんなの庭」を作っていくそうです(^_^)

MARK IS みなとみらいの場所

MARK IS みなとみらいは、横浜美術館の向かい、みなとみらい線みなとみらい駅に直結し、JR桜木町駅からは動く歩道経由で約8分と、アクセス抜群の立地です♪近くには横浜美術館、カップヌードルミュージアム、横浜ワールドポーターズ、横浜赤レンガ倉庫などがあります☆

MARK IS みなとみらいのターゲット

MARK IS みなとみらいのターゲットは、下記のようです(・∀・)

  • 子育て中のヤングアダルトファミリーからその親世代を含む「3世代ファミリー」
  • 自分らしいスタイルを持ち、家族・友達との時間を大切にする「横浜・山の手ミセス」
  • 週末、観光シーズンに来街する「カップル」

などをターゲットに、近隣住民から観光客まで幅広い層に、心地よく過ごせる時間と、充実した生活を送るための様々な商品やサービスを提供してくれます(*^_^*)

MARK IS みなとみらいのコンセプト

MARK IS みなとみらいのコンセプトは子育て中の家族からその親世代まで「3世代ファミリー」をターゲットにした「ライフエンターテインメントモール」。施設内には飲食・雑貨・ブティックなど新業態・県内初進出を含む189店舗が入っています(^_^)また、2012年9月に閉館した同地区の商業施設「横浜ジャックモール」からは、トイザらスやスポーツオーソリティ、ザ・ダイソー、ノジマが再出店を果たしました☆

MARK IS みなとみらいの周辺情報

MARK IS みなとみらいがあるみなとみらい21エリアには、開業20周年を迎える横浜ランドマークタワーをはじめ、クイーンズスクエア横浜や赤レンガ倉庫、横浜ワールドポーターズなど大型の商業施設のほか、美術館やホテル、公園まで様々な施設が集結しています(*^_^*)そして近年、オフィスビルや大型分譲マンションの建設によって就業者人口や居住人口が増加し、遊びに行く街から仕事をする街、そして暮らす街に変化しています♪

1階
横浜を「アメリカ西海岸のような街」と捉えた1階は、リゾート感のあるショップを中心に全37店舗が集まるライフスタイル提案型のフロア。「Ron Herman(ロンハーマン)」の新コンセプトストア「RHC Ron Herman(アールエイチシー ロンハーマン)」や同じくカリフォルニア発の「UGGR Australia(アグ オーストラリア)」をはじめ、人気セレクトショップのカジュアルラインも充実しています。海だけではなく山の要素も意識したということで、「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」や「mont-bell(モンベル)」といったアウトドア色の強いショップも入っています(*^_^*)地上1階から4階に続く吹き抜け空間は、施設の中心を立体的に繋げる役割があるそうです。天井のトップライト越しには、屋上緑化の緑と木漏れ日が感じられます。
2階
2階は「ユニクロ」の神奈川最大級の店舗をはじめ、男女で楽しめるファッションや人気のレディスファッションなど33店舗を集め、 カップルやファミリーで買い物を楽しむことができるフロアです。

横浜といえば

MARK IS みなとみらいのレストラン

「ラ・メール・プラール」
フランス・モンサンミッシェル発の有名フレンチレストランです(^_^)モンサンミッシェルはユネスコ世界遺産(文化遺産)にも登録されていることから観光地として有名で、年間350万人(日本人だけでも年間50万人)も訪れます♪そのモンサンミッシェルでセレブご用達のお店として有名なのが、120年もの歴史を誇る同店です。看板メニューの「ラ・メール・プラール伝統のオムレツ(お好みのココット1品とポテトフライまたはパン付き)」(1890円)。直径25cm、厚さ5cmのふわふわオムレツ。これで1人前? と驚くほどのBIGサイズですが、スフレ状の食感で口に含むとシュワシュワ~と溶けていくので、1人でも意外とペロリと食べられてしまう驚きの食感が楽しめます(´∀`)
「Ogada 五嘉茶」
海外有名ブランドとして注目を集め、行列を作っている店のひとつである『Ogada 五嘉茶』。韓国でカフェやお茶のテイクアウト専門店など60店舗以上も展開する有名韓流カフェ「Ogada 五嘉茶(オガダ ゴカチャ)」。店舗は地下1階の食料品フロアにありますが、イートインスペースもあります☆彡同店は韓国において昔から一般家庭で飲まれている漢方由来の“韓方茶”を揃えています♪陰陽五行の思想を土台にした“韓方茶”である五嘉茶(5種類のオリジナルブレンド茶)や、韓国伝統茶、スムージー、健康穀物茶など、健康に利き目がありそうな商品ラインナップとなっています。特筆すべきは、いわゆる茶葉だけを使ったお茶ではないということです。例えば、五嘉茶のひとつである「美茶(ミチャ、HOT/ICE)」(550円)は“かぼちゃととうもろこしのお茶”、「強茶(カンチャ、HOT/ICE )」(550円)は“生姜とみかんのお茶”といった具合です。スムージーに至っては、野菜や果物を使ったものだけでなく、「うずら豆のスムージー(ICE)」(580円)、「雑穀のスムージー(ICE)」(580円)といったものまで揃えます☆日本人の持っているお茶・カフェの固定概念を大きく超越していて、新しさ満載です(´∀`)フードメニューは、パンにプルコギやチャプチェを挟んだサンドメニューや、韓国伝統餅なども楽しめます。
関東を楽しむ
一般的な治療院では10回かかるところを、当院では1〜数回の来院で終わるような治療だとイメージしてみてください。横浜 鍼灸の龍背堂鍼灸院。頑固な症状にお困りでしたらぜひ一度お見せください。
上に戻る